アフィリエイトで紹介できるもの ー成果報酬型広告ー

こんにちは。若林です。

今日は、アフィリエイトで
紹介できるものとして、
成果報酬型広告についてお伝えします。

私としては、
この成果報酬型のアフィリエイトを
おすすめしたいので、
ぜひ、読んで下さいね。

成果報酬型広告はクリックを誘導してもよい

成果報酬型広告は、
商品・サービスを紹介して、
成約が生まれるごとに紹介料という
報酬を得るアフィリエイトです。

クリック報酬型広告が、
クリックを誘導するような文章を
書いてはいけなかったのと違い、
成果報酬型広告は、
クリックしてもらうことを文章で
誘導してもよいです。

いえ、むしろ、
適した商品の購入をすすめることは、
読者のためにもなります。

というわけで、クリック報酬型では、
とにかく読者を集めて読んでもらうことが
記事の目指す目標だったのに対し

成果報酬型では、
・あなたがもつ媒体に何かに困っている人を集めて、
・困り事を解決する方法を提示してあげて、
・解決の助けとなる商品を紹介する
という流れで、記事を書いていくことになります。

書き続けていれば買ってもらえる確率も高くなる

私が成果報酬型を進める理由は、
この記事の書き方にあります。

たくさん記事を書いて、文章の力がついてくると、
広告をクリックされる率も、
そこから商品を買ってもらえる率も
高くなってくるのです。

意図した誘導ができないクリック型報酬では、
こうはいきません。

ちなみに、困りごとっていうのは、
うれしい困りごとでもいいんですよ、
「どっちの結婚式場のほうがいいかなあ?」
とか、
「新しいスマホ、どれにしようか迷っちゃう」
なんて。

報酬の発生率が12倍との結果がでました

私のクリック報酬型広告グーグルアドセンスの
実績データでは、記事を読んだ人が、
広告をクリックする率は、0.2% ほどでした。

低い!

それに対して、
成果報酬型でアフィリエイトする記事では、
記事を読んだ人の 2.4% の人が購入しているという
データになりました。

12倍の差になってますね!

たとえば、紹介している商品が1000円、
成果報酬が 2% だった場合、
報酬は20円となり、これは、
アドセンスの平均クリック単価と
だいたい同じぐらいになります。

このとき、記事が読まれた数が同じであっても、
12倍の収入の違いになるのです。

売り上げ金額の50%以上の成果報酬もあり

実は、報酬が売り上げ金額の2%と言うのは
成果報酬型のなかでも低い方です。
アマゾンのアフィリエイトの例で言うと、
範囲は広くて、DVDや家電、カー用品などが該当します。

アマゾンでは、本は3%、
Amazonビデオ(ネット上での視聴)は10%と
かなり報酬の率が違います。

そして、分野が変わりますが、
売り上げが発生しない証券会社の口座開設の紹介で、
数千円の成果報酬が設定されているものもあり、
もはや、
売り上げの何倍と言えなかったりします ^^;

さらに、「情報」分野では、びっくり、
売り上げ金額の50%以上の報酬のものもよくあります。

成果報酬型、興味がわきませんか?

クリック報酬型が好きだったその昔

私は成果報酬型をおすすめしてますが、
実は、始めた頃はクリック報酬型が好きでした。

だって、人に買ってくださいって書くの気が引けて、とか、
どう書いたら、いやな気持ちを持たれず買わせるの?とか、
そんなことやるのいやだな、とか、
その商品を必要としている人がいるということに
思い至らなかったのです。

クリックを誘導してはいけない、
っていうクリック報酬型が
すっごく気楽に感じて、
そして、趣味ブログで、
読者のことを考えていない
好き勝手な記事を書いておりました ^^;

まとめ

成果報酬型広告のアフィリエイトでは、

  • 広告をクリックすることを誘導できる
  • 文章力がつけば、紹介した商品の成約率をあげられる
  • 報酬発生の率はクリック報酬型の12倍だった
  • 売り上げ金額に対する成果報酬が50%を超えるものがある

というお話でした。

次は、成果報酬型で何が紹介できるのか
をお伝えいたします。

また、よろしくお願いします。