さくらインターネットのレンタルサーバーでワードプレスを追加する方法

さくらインターネットのレンタルサーバーに、
ワードプレスを追加する方法を紹介します。

私は、レンタルサーバー スタンダードを使っています。

20個までデータベースを作れるプランです。

ワードプレスはデータベースを使用するため、
つまり、ワードプレスも20個まで作れます。

さくらインターネットのレンタルサーバーにワードプレスを追加する手順

手順1 データベースの追加

まず、データベースを追加します。

https://secure.sakura.ad.jp/rscontrolより、
コントロールパネルにログインして、
コントロールパネルで、データベースを追加します。

ログインしたら、コントロールパネルの
左側のメニューから、「データベースの設定」をクリック、
右側上部で「データベースの新規作成」をクリックします。

「データベースの新規作成」のフォームが出ますので、
データベース名を設定します。
接続用パスワードは、すべてのデータベースで一律となっています。

文字コードは、UTF-8 にしてください。

「データベースを作成する」で、作成できます。

手順2. データベース名とパスワードを控える

ワードプレスのインストール時に、データベース情報を入力する必要があります。

手順1で設定したデータベース名とパスワードを控えておいてください。

データベース名は、作成時に入力した文字の上に決められた文字列がつくので
ご注意ください。

パスワードが不明の場合、再設定してしまいましょう。

別記事「データベースのパスワード再設定の手順」に再設定の手順を紹介しています。

ただし、すでに、他のデータベースを使用しているときは、
パスワードはすべてのデータベースで一律なので、注意してください。

すでに、ワードプレスを使っている場合、ワードプレスの設定ファイル
を確認することで、データベースのパスワードを確認できます。

別記事「データベースのパスワードを確認する方法」に、確認手順を紹介しています。

手順3. ワードプレスのインストール

3.1. コントロールパネルからインストール

コントロールパネル左側のメニューから、
「クイックインストール」をクリックします。

「カテゴリメニュー」より、「ブログ」をクリックします。

WordPress(ワードプレス)をクリックします。

「クイックインストール」の画面より、

確認:
ライセンス、規約に同意のチェック

インストール先:
インストールしたいドメイン名を選択し、
パス名「/のあと」は、好きな名前を英数字で入力します。

データベース:
手順1で作成したデータベースを選択します。

データベースパスワード:
手順2で調査したパスワードを入力します。

すべてを入力したら、「インストール」をクリックします。

無事、インストールできれば下記の画面が表示されます。

「アプリケーションの設定へ進む」をクリックして、
インストールを続けましょう。

3.2. ワードプレスの初期設定

手順3.1にて、「アプリケーションの設定へ進む」をクリックすると、
ワードプレスのインストール設定画面が表示されます。

以下の必要情報を設定します。

サイトのタイトル:
任意のブログタイトル

ユーザー名:
ワードプレスの管理者となるユーザ名

パスワード:
同じくパスワード

メールアドレス:
ワードプレスからの通知の送り先

検索エンジンでの表示:
検索エンジンに表示したくないときに、
「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」
にチェックをいれます。

通常はOFFにします。

すべてを記入後、「WordPressをインストール」をクリックします。

下記の画面が出たら無事終了です。お疲れ様でした。