FTPソフトの使い方 WinSCP

サーバーをレンタルして、ワードプレスを普通に使う分には、
自分のパソコン(ローカル=手元)と、サーバー(リモート=遠隔)の間で
ファイルのやり取りをする必要はありません。

写真を追加したり、他のファイルをアップしたりするのも、
ワードプレスの「メディア」機能を使うことでできます。

しかし、ワードプレスの仕組みでないところで、
ファイルをアップロードする必要があったり、
また、ワードプレスでも、子テーマを作って、
子テーマにファイルを追加するときなど
(こちらは、ちょっと、特殊な例かもしれませんね)、
ファイルを操作する必要があります。

その時、自分のパソコンとサーバーの間で、
ファイルをやり取りしますが、それを、
FTP(ファイル転送取り決め)の規格で行います。

では、FTPによるファイル転送のやり方を説明します。

例として、自分のパソコン(Windows7)と、
さくらインターネットのレンタルサーバーの間での
やりとりで、説明しています。

FTPクライアントソフトのインストール

ウインドウズ用のソフトで、おすすめなのが、WinSCPです。

仕事でもよく使っています。

SFTPというSSHという暗号化されたプロトコルで
ファイル転送できて安全に使えますし、
画面(ユーザインターフェース)も気に入っていあす。

窓の杜ダウンロードサイトから、ダウンロードできます。

インストール画面は、別PCにインストールするところで、後ほど追記します。

ソフトの起動とサーバーの設定

スタートメニューから、「すべてのプログラム→WinSCP」で起動します。

起動すると、「ログイン」ウインドウが開いています。

最初は、接続するサーバーの設定がないため、「新しいサイト」に
設定をいれます。

サーバーの設定情報の調査(さくらインターネット レンタルサーバーの例)

設定ですが、サーバーの接続情報を知る必要があります。

さくらインターネットのレンタルサーバーでの調べ方を紹介します。

ます、サーバーのコントロールパネルにログインします。

左側メニュー「サーバ情報の表示」をクリックし、
FTP設定に関する情報から、

  • FTPサーバ
  • FTPアカウント

をメモしておきます。

WinSCPへの設定方法

転送プロトコル:SFTP (暗号化されていて安心です)

  • ポート番号:22
  • ホスト名:FTPサーバ
  • ユーザ名:FTPアカウント
  • パスワード: サーバパスワードを入力してください。

ログインする前に、保存しておきましょう。

保存ボタンを押すと、セッションの名前を入力して「OK」で保存されます。

「パスワードを保存」していると、自分のパソコンが盗難にあった時は
面倒ですが(サーバのパスワードを変えるなど)、
いくつもサーバーを登録しているときは、便利です。

自己責任ですが、私は、パスワードも保存しています。

サーバーへの接続

「ログイン」ウインドウで、左側からサイト名を選択し、
「ログイン」ボタンを押すと、サーバに接続できます。

転送の仕方

画面説明

ログインすると、下図のような画面表示になります。

左側が自分のパソコン(ローカル側と言います)の内容が表示され、
右側がサーバ(リモート側と言います)の内容が表示されます。

ファイル転送の仕方

ファイルの転送として、基本的な方法を説明します。

まず、

  • 転送したいファイル(やフォルダ)があるフォルダと、
  • 転送先のフォルダ

を表示させておきます。

そして、ローカル側→リモート側へ転送(アップロード)したいのか、
リモート側→ローカル側へ転送(ダウンロード)したいのかで
操作が違います。

ローカル側 → リモート側へファイルを転送したい場合

これを、アップロードするとも言います。

この場合、

手順1.ローカル側にある、アップロードしたいファイル(やフォルダ)をクリックして、

手順2.アップロードボタンを押します。

リモート側→ローカル側へファイルを転送したい場合

これを、ダウンロードするとも言います。

この場合、

手順1.リモート側にある、ダウンロードしたいファイル(やフォルダ)をクリックして、

手順2.ダウンロードボタンを押します。

「ダウンロード」ウインドウがでるので、「OK」を押します。

ダウンロードできました。